平成30年受験、通関士試験、実務科目セミナー 平成31年受験、通関士講座、体験ゼミ

平成30年12月受験、貿易実務検定(A級)講座 平成31年度「通関士講座」(2019年受験)
 


作成日 2018.6.10

管理人:木津隆夫

通関士や貿易に興味がある。通関士試験に挑戦したい 国際舞台に飛び出したい。そんな貴方に! 事前教示「Eメール vs 切替え」のポイントをお届けします。




通関士受験、メルマガ講座:
「H26改正点:
事前教示「Eメール vs 切替え」

合格祈願! 通関士受験のサプリメント    平成26年 第3号 (平成26年9月02日発行)より転載          ワン・ポイント・レッスンを 講義生中継でお届けします。 テーマは、 「事前教示:Eメール vs 切替え」です。 こんにちは、講師の木津です。 数少ない改正点の1つを紹介しましょう。  今年の6月1日から運用されているので  立派な今年の試験範囲ですね。 ところで、事前教示制度というのは? はい、遅刻してきた君、どうぞ!  はい、・・・  3時間目の実務で出るやつですね。  輸入しようとする貨物の  関税評価について  あらかじめ税関に照会を行い、  その回答を受けることができる制度です。  流石、再チャレンジ組、よく知っていますね。  元々は、       賦課税方式から申告納税方式に  切り替えた時に    それまで、税関職員がやっていた仕事を  いきなり納税義務者(輸入者)にやれ!  といってもムリなので、  わからないことは、  税関が教えてあげるよ、という制度ですね。          後ろでキョトンとしている彼女  申告納税方式は大丈夫?  なんか、自信なさそうですね。  関税法 第7条 第1項 を読んでみて。   はい。   申告納税方式が適用される貨物を   輸入しようとする者は、   税関長に対し、   当該貨物に係る関税の納付に関する   申告をしなければならない。      あぁ、思い出しました。   納税申告のことですね。  やっと、話が合ってきましたね。  じゃ、事前教示は?  首を横に振っています。  あと一ヵ月と少し。  まだ、間に合いますよ。    関税法 第7条第3項 を読んで下さい。     税関は、   納税義務者その他の関係者から   第1項の申告について必要な   輸入貨物に係る関税定率法別表の   適用上の所属、税率、課税標準等の   教示を求められたときは、   その適切な【教示】に努めるものとする。   へえ、どうして3時間目に   出題されるのですか?  この規定に詳細が  通達に載っているからでしょうね。  ですから、改正点と言っても  Eメールでできなかののが  6月からできるようになった!  ということですが、  それだけだったら、  わざわざメルマガで紹介しませんよ。  ここからが、重要です!    事前教示の照会は、  原則は、文書です。  口頭(電話や税関の窓口)でもできます。  そこに、Eメールが追加ですね。     ここまでは良いですね。  ただし、  Eメールの場合、  原則として口頭と同様に  輸入申告の審査の際に尊重されません。   口頭と同様ということは   事前教示で教えてもらったんですが、   違うんですか?   尊重してほしいな・・・   そのようなご希望があるなら、   文書による照会をお勧め致します。         輸入申告の審査の際に尊重されますから、   というのが、従来の立場。  今回の改正の重要点は、  Eメールの場合は、  一定の条件を満たすものについては、  照会者が希望する場合、  【文書による事前教示】に準じた取扱いへの  【切替え】ができることですね。  これですね。  キーワードは、「切替え」  さて、切替えの対象は、  (1) 「インターネットによる事前教示照会書」に     押印又は署名し、画像データとしたものを     添付した照会  (2) 具体的な取引に係る照会     仮定の事実関係でない取引はダメ!  (3) その他、文書による事前教示回答が     可能であると認められる照会    どうですか?  口頭では消えてなくなるから証拠にならない。    文書だったら、大丈夫。       Eメールは?  一定の手続きで文書扱いにする。  それが「切替え」  出題されそうかな?  わかりません。  神のみぞ知る世界ですね。  でも、この通達知らなくても  多分、そうだろうと推測できますよね。      その他の重要事項としては、  切替えを行う場合、  税関から、Eメールで 「切替えた旨のお知らせ」がきます。  切替え後の具体的な手続き等は、  文書による事前教示の場合と同様です。  ということは、  回答内容については、  当該回答書が発出されてから  【3年間】  輸入申告の審査の際に尊重されます。  税関は、切替えを行ってから、  原則として【90日以内の極力早期】に  文書回答を行うようにします。  切替えを行った事前教示の回答書は、  郵送又は税関官署での受取となります。  切替えを行った  事前教示の照会及び回答内容は、  ホームページ「事前教示回答(関税評価)」で  公開されます。  回答内容に意見があるときは、 「事前教示回答書(変更通知書)  (関税評価回答用)に関する  意見の申出書」1通を、  事前教示回答書を発出した税関に  文書により提出します。           ただし、この意見の申出は、  事前教示回答書が交付または  送達された日の翌日から  起算して【2ヶ月以内】に  行う必要があります。    というようなことが、もっと丁寧に  税関のHP(↓)にアップされています。  興味のある方はご参照下さい。  Eメールを利用した事前教示制度(関税評価)について             次回をお楽しみに! メールマガジン 「合格祈願! 通関士受験のサプリメント」(無料)
の登録ページ
通関士受験、メルマガ講座に戻る 通関士受験のサプリメント
(トップページ)に戻る

スクールきづ 講座情報
 平成31年度「通関士講座」〔体験ゼミ〕募集中! 

貿易実務検定C級講座貿易実務検定B級講座
貿易実務検定【A級】講座(大阪)

英検1級(TOEIC900)講座 英検準1級(TOEIC800)講座

お疲れさまでした。



通関士・貿易実務検定関係の
メールマガジンの紹介:

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 


メルマガ登録・解除
貿易・ビジネス英語 の サプリ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ


メルマガ購読・解除
読者購読規約
 




お知らせ

ブログ「合格祈願! 通関士・英検 受験のサプリメント」
通関士、貿易実務検定、英語学習法、就職と仕事など
のカテゴリーで書いています。

貿易実務検定対策講座「メルマガ講義録」
貿易実務検定の情報を発信し、貿易実務検定の受験者
をサポートします。

ドリル 「英語表現をマスターしよう!」
英語表現の練習ドリルをまとめたページで
学習者をサポートします。

「合格祈願! 英検・TOEIC 受験のサプリメント」 英語表現の練習ができるドリル(メールマガジン)
の登録【無料】ができるページです。

以上です。最後までありがとうございました。


inserted by FC2 system