平成30年受験、通関士試験、実務科目セミナー 平成31年受験、通関士講座、体験ゼミ

平成30年12月受験、貿易実務検定(A級)講座 平成31年度「通関士講座」(2019年受験)
 


作成日 2018.6.10

管理人:木津隆夫

通関士や貿易に興味がある。通関士試験に挑戦したい 国際舞台に飛び出したい。そんな貴方に! 関税定率法のポイントをお届けします。




通関士受験、メルマガ講座:
「関税定率法:
「違約品等の再輸出又は廃棄の場合の戻し税」

合格祈願! 通関士受験のサプリメント 第4号(平成30年6月9日発行) より転載 2●通関士●●                         学生と先生の会話をお楽しみください: 今回のテーマは、  「違約品等の再輸出又は廃棄の場合の戻し税」          学生と先生の会話をお楽しみ下さい。  学生:択一式でほぼ毎年出題されていて、     語群選択式でも頻出と聞いて                この戻し税からスタートしたのですが、     随分と複雑ですね。  先生:そうですね。     3つほど、ポイントがありますね。           1番目は、     違約品等の「等」が違約品以外に     2つありますが、何ですか?  学生:それは知っています。     違約品以外に、     個人用物品と販売使用禁止品があります。  先生:OKです。     2番目は、再輸出は、     返送のための輸出と     第三者販売を含む輸出の2通りあります。     1番目と絡めて説明できますか?  学生:1番目と絡める?     意味わからないな・・・     多分、こうですね。     違約品と個人用物品は、     返送のための輸出に限定され、                 販売使用禁止品は、     輸出(第三者販売を含む。)が条件です。              先生:よく理解できていますね。     3番目は、手続が少し違います。     再輸出の場合と廃棄の場合で違うのですが、          わかるかな?  学生:そこが今一わからなくて、     再輸出の場合の手続は、                輸出申告の際に     輸出申告をした税関の税関長に          関税払戻し申請書を提出します。     あの~     廃棄する場合の手続は、     私の持ってる市販のテキストには     載ってないので、教えてください。  先生:廃棄する場合の手続は、                 まず、     保税地域等の所在地を管轄する税関長に     廃棄承認申請書を提出し、承認を受けます。                 次に、     廃棄後、関税払戻し申請書を     その廃棄承認した税関長に提出します。  学生:わかりました。  先生:大枠の骨組みが整理できましたね。     これで、大丈夫ですね。     ところで、     再輸出の場合と廃棄の場合で     共通の手続がありますが、     説明できますか?  学生:その貨物の輸入許可の日から     6月以内に保税地域に入れること               が戻し税の要件になっています。        先生:そうですね。     もう一言欲しいな~     6月と保税地域について     補足説明できますか?  学生:えっ?        6月については、                やむを得ない理由があり     税関長の承認を受けたときは、                6月を超え1年以内において     税関長が指定する期間となります。     保税地域については、     他所蔵置許可を受けた場所を含みます。  先生:細かいところまで良く覚えましたね。                それでは、その保税地域への搬入手続は?  学生:保税地域の所在地を所轄する税関長に     搬入届を提出します。          そして、搬入届受領書の交付を受けます。  先生:そうですね。     その搬入届受領書は、後で、使いますか?  学生:ここが一番覚えにくかったところなんです。     この搬入届受領書は、               違約品等を「輸出」する場合は、     関税払戻し申請書に添付し提出します。     違約品等を「廃棄」する場合は、     廃棄承認申請書に添付し提出します。                  先生:素晴らしい。  学生:1つ質問があるのですが、     宜しいでしょうか?     関税法では、保税地域のところで、     廃棄は届出、滅却は承認と覚えました。     この戻し税の手続では廃棄が承認なので                多少、混乱しているのですが・・・  先生:良く覚えていましたね。               関税法の規定は、その通りですね。               保税地域にある外国貨物を     廃棄しようとする者は、     あらかじめその旨を税関に     「届け出る」ことになっています。     関税定率法第20条の廃棄は、     「違約品等の廃棄の場合の戻し税」の                適用を受けるためには     「廃棄の承認」を受けることが     要件とされています。  学生:ん・・・・・・     分かったような、わからないような~  先生:では、次回をお楽しみに! メールマガジン 「合格祈願! 通関士受験のサプリメント」(無料)
の登録ページ
通関士受験、メルマガ講座に戻る 通関士受験のサプリメント
(トップページ)に戻る

スクールきづ 講座情報
 平成31年度「通関士講座」〔体験ゼミ〕募集中! 

貿易実務検定C級講座貿易実務検定B級講座
貿易実務検定【A級】講座(大阪)

英検1級(TOEIC900)講座 英検準1級(TOEIC800)講座

お疲れさまでした。



通関士・貿易実務検定関係の
メールマガジンの紹介:

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 


メルマガ登録・解除
貿易・ビジネス英語 の サプリ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ


メルマガ購読・解除
読者購読規約
 




お知らせ

ブログ「合格祈願! 通関士・英検 受験のサプリメント」
通関士、貿易実務検定、英語学習法、就職と仕事など
のカテゴリーで書いています。

貿易実務検定対策講座「メルマガ講義録」
貿易実務検定の情報を発信し、貿易実務検定の受験者
をサポートします。

ドリル 「英語表現をマスターしよう!」
英語表現の練習ドリルをまとめたページで
学習者をサポートします。

「合格祈願! 英検・TOEIC 受験のサプリメント」 英語表現の練習ができるドリル(メールマガジン)
の登録【無料】ができるページです。

以上です。最後までありがとうございました。


inserted by FC2 system